Lychee操作マニュアル

Lycheeガントチャート5.0(プレα)

現行のLycheeガントチャートのUIを大幅改善し、従来よりもさらに直感的&素速い操作でストレスフリーな進捗・スケジュール管理を実現しました。

利用するための設定

Lycheeガントチャート5.0(プレα)を利用するためには、ロールに必要な権限を付与する必要あります。

権限の設定

Lycheeガントチャートを操作・閲覧するためには権限が必要です。 管理>ロールと権限 から各ロールの権限設定を行ってください。

ガントチャートの閲覧プロジェクトでLycheeガントチャートの表示を許可する
ガントチャートの操作プロジェクトでLycheeガントチャートの操作を許可する

プロジェクトの設定

プロジェクト単位でLycheeガントチャートの機能を使用する/しないが選択できます。
Lycheeガントチャートの機能を使用する場合は、各プロジェクト>設定>プロジェクトタブ で「Lycheeスケジュール管理(ガントチャート5.0[プレα]) 」モジュールを ON にしてください。

Lycheeガントチャートの使い方 

■新規チケット作成

新しいチケット

+新しいチケットをクリックすると、IssueFormが開きます。そのまま必要な情報を入力して下さい。

チケット作成モード

Shift+Alt (Macの場合はShift+Command)を押すと「チケット作成モード」が表示されます。
複数のチケットを連続で作成するときに便利な機能です。


「チケット作成モード」状態で左側のデータ列に移動するとチケットを追加するための行が表示されますので、こちらをクリックしてチケットの題名を入力し、Enterでチケットが作成されます。
※「チケット作成モード」はShift+Alt (Macの場合はShift+Command)キーを離すと解除されます。

コマンドを忘れた場合は、「!」をクリックで確認ができます。

Windowsの場合

MACの場合

■日付(開始日・期日)の設定 

期間が指定されていないチケットのガントエリアをドラッグすることで、チケットの開始日・期日を設定することができます。


★ ワンポイントアドバイス ★
WBSをひくなど、複数のチケットを一気に作成する時は、以下のような手順が楽ちんです。
①新規チケットを作成(題名入力)する。
 作成したいチケット分先にこれを行います。
②チケットの開始日期日をドラッグ操作で入力する。
 作成したチケット分おこないます。

■チケットの更新

Lycheeガントチャート5.0(プレα) では、IssueFormを使ってチケット内容を変更することができます。

ガントバーまたはチケットの題名の左にあるアイコンをクリックするとIssueFormが開き、
チケット内容を編集することができます。

ダブルクリックで項目の内容変更

■日付の変更(期間)

ガントチャートに表示されているガントバーの端にカーソルを移動すると、カーソルがimage alt textに変わります。
この状態でドラッグすることでガントバーを伸縮させ、期間(開始日/期日)の変更を行うことができます。
※期間の変更の際にも「日付範囲」が表示されます。

ガントバーをドラッグで掴み、移動させることで、期間をそのまま維持したまま日程を変更することも可能です。

■先行、後続の関連設定

チャート上のガントバーにカーソルを移動すると表示される「+」ボタンを押下し、
紐付けるチケットにカーソルを移動しクリック。これだけで先行、後続の関連設定が行えます。

後続チケットの「+」を【右クリック】すると遅延日数(先行チケットに対して空ける期間)を設定することができます。
この設定をした場合、後に先行チケットの期間を変更した場合も、遅延日数を保持した状態で変更することができます。
遅延日数は現在の開始日/期日から自動で計算されます。
※もともと期間が空いているチケット同士を先行後続で紐づけた場合、その空いた期間は保持された状態で先行後続関係を結びます。

■データ列の開閉

データ列は、2段階の開閉操作が可能です。
・題名以外閉じる
・全部閉じる

■表示項目の変更

ヘッダの左側にある(アイコン画像)ボタンで設定が可能です。

表示させたい項目にチェックをつけると右側に表示される項目が表示されます。
選択した項目の表示順は、ドラッグで並び替えができ、右側に表示されている「-」ボタンを押すと、項目から解除されます。

表示されている項目についても以下のよう変更が可能です。
・表示されている項目をクリックで、ソートできます。(「 ∧ 」昇順 「 ∨ 」降順 )
・ヘッダ行の項目表示範囲の境界線をドラッグしてリサイズ
・ヘッダ行のセルをドラッグして並び替え

<ソート>

<項目範囲のリサイズ|並び替え>

■タスクの遅れの視覚化

タスクの進捗が予定よりも遅れている状況の場合、対象タスクの背景が変化し、視覚的に遅れをお伝えします。

・進捗状況が遅延(オレンジ)
・期日が当日より前(赤)

<遅延している時と、していない時のイメージ>

<期日が当日よりも前にある場合のイメージ>

■ツリーブロック

チケットの階層構造が可視化されます。(階層構造になっているチケットが点線で囲まれで表示されます。)

■開始日/期日のハイライト

ガントバーにマウスを乗せるとヘッダ部分に日付範囲(濃い青の枠)が表示され、ガントチャート上で対象チケットの期間を確認することができます。

表示エリアに収まらない期間の場合は以下のように省略表示(…)されます。

■ズーム

以下アイコンより、5段階で表示を変更できます。

・日別(大)
・日別(小)
・週別
・月別(大)
・月別(小)

■中心(当日)にスクロール

以下アイコンをクリックすることで、当日を中心にガントチャートを確認することができます。

■当日線

※当日を表す当日線は、日別表示では当日を淡いオレンジ色の塗りつぶされた状態で表示され、週別や月別では線で表示されます。

■スクロールボタン

スクロールボタンを押下するとスクロールされます。押している間スクロールし続けます。

■表示設定

以下アイコンをクリックすることで、以下の表示設定が行なえます。

・休業日の表示
・関連線の表示
・ガントバーに表示させる付加情報の表示
・イナズマ線の表示

休業日の表示

休日は淡い青色の背景色で表示されます。

ガントバーに表示させる付加情報の表示

ガントバーに付加情報を表示させます。

イナズマ線の表示

上記の[ガントバーの付加情報]画面より「イナズマ線」を選択頂くことでイナズマ線が表示されます。

■クエリフォーム

左上にある「クエリ」ボタンで、クエリフォーム表示の開閉ができます。

新機能

■矢印キーによるカーソル移動 (2024-01リリースから追加)

・矢印キーで上下左右の移動
・Tabキーで右移動(Sfhitキーを同時押しで左移動)
・Enterで編集モードになり、再度Enterで決定となります。
題名などの変更は、キー操作で変更したい項目に移動しEnterを押すと編集モードに変わるので内容を変更、Enterを押すことで決定となります。
リスト型や日付を入力する項目の場合は、対象のセルでEnterを押すと項目一覧やカレンダーが表示されます。設定したい値を選び、Enterを押すことで決定となります。

■行番号表示 (2024-01リリースから追加)

行番号が表示されます。

■ベースライン機能(2024-02リリースから追加)

ベースラインの保存

基準となるベースラインは画面右上のアイコンベースラインアイコンから作成いただけます。

ベースラインの保存手順は以下となります
・画面右上にあるベースラインアイコンアイコンをクリック
・任意の名称を設定(※比較時の為に保存日も合わせてのご入力をお勧めします)
・[作成]を押していただく

ベースラインの適用

保存したベースラインの表示手順は以下となります
・画面右上にあるベースラインアイコンアイコンをクリック
・表示したいベースラインの名称をクリック
・選択したベースラインの名称が画面右上に表示される
選択したベースラインの情報と現状のスケジュールを比較し、変更があった各チケットの下に青いガントバーが表示させます。
※青いガントバーは、保存したベースライン時点の情報です
※開始日と期限が同じ場合はベースラインは表示されません

保存したベースラインの変更、削除

ベースライン名称編集アイコンより保存したベースラインの名称編集が可能です。
また、不要となったベースラインはベースライン_ゴミ箱アイコンアイコンより削除できます。
ベースライン_名称変更_削除

ベースラインにイナズマ線を表示する

[ガントバーの付加情報]画面より「イナズマ線」を選択された場合、ベースラインにもイナズマ線が表示されます。
ベースライン_イナズマ線_gif

TOP